梅

まだ朝や夜は寒いものの、梅の花が咲くと春が近づいてきたと実感します。もう少し経つとウグイスが枝にとまって“ホケキョ”という声を聞かせてくれる。

まだ梅の木のまわりが畑ばかりであった時は、たくさんのウグイスがやってきて風情を感じるよりも、あちらからもこちらからも“ホケキョ”という声が聞こえた。冬の終わりはウグイスも鳴くのが下手で、時間と共に上手に鳴けるようになる。その経過を楽しんでいました。

今では畑から住宅にかわり、毎日のようには“ホケキョ”とは聞くことはできないけれど、たまにウグイスが来て鳴いてくれることを期待しています。

春と言えば花粉症の季節でもありますね・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です