ナガオカケンメイ D&DEPARTMENTに学んだ、人が集まる「伝える店」のつくり方

D&DEPARTMENTに学んだ、人が集まる「伝える店」のつくり方

ナガオカケンメイ氏が主催するD&DEPARTMENTが生まれるところから今までの本。

D&DEPARTMENTは以前、

SHIZUOKA by TAITAD&DEPARTMENT PROJECT OSAKAの2ヵ所に顔を出したことがある。

双方で思ったのは人。共に、

D&DEPARTMENTで働いている1人のスタッフではなく、

スタッフ1人1人がD&DEPARTMENTという雰囲気を感じたこと。

ナガオカケンメイ氏が大切にしたいコトがみんなに伝わっていて、

それぞれが自分自身で動いている感覚。

そんなお店ができる仕組みが書かれている本であった。

自分は店舗を出す予定もないけれど、

コミュニティーを中心とする店舗の立ち上げからの数年間、軌道にのるまで、

運営面や資金面でのオーナートークは興味深いものだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です