原研哉 日本のデザイン

原研哉_日本のデザイン

岩波新書から出ているデザイナー原研哉氏の書籍、日本のデザイン。

世界から見た日本のデザインの見え方やとらわれ方、意味などを

さまざまな視点で1つ1つ書かれている。

そのような感覚や雰囲気は常日頃から感じていても、

文字としてしっかりと書かれると腑に落ちる度合いも大きかった。

その中で、

シンプルと簡素の違い。

シンプルは複雑なものを整理したものであり、

簡素は初めから何もないということ。

日本ならではの美意識は”簡素”であり、

何もないことで空間をつくる。シツラエもしかり。

曖昧であった”シンプル=日本美?”がスッキリと整理された瞬間だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です