コミュニティデザイン

コミュニティデザイン:山崎亮

半年近く本棚に眠らせてしまっていた「コミュニティデザイン 山崎亮 著」。

建築設計の仕事から人がつながるまちづくりへの仕事へ。

主に3部構成。

自身のまちづくりへ携わるようになったきっかけと発展

まちづくりへの充実と問題点

今後のまちづくりへのカタチ

山崎亮氏自身も世界中の多種多様な方とつながりの中で仕事をし、

まちづくりの中で人がつながる仕組みをつくることの重要性を

仕事の事例を通じていろんな角度から記述されている。

「いいな」と思っていたヒジノワやOSOTOが山崎氏とつながりがあったことには驚いた。

自分自身も大学卒業後数年間、まちの縁側育くみ隊としてまちづくりに関わってきた。

行ってきた根本は同じだと思う。

ただ、当時はこなすだけで振り返る時間はなかった。

この本を読んで改めて意味を知って頭の中が整理された気分だ。

もう少し早くこの本に出会いたかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です