鍋敷き

2015-09-10 10.30.25

たばこの箱で作られた鍋敷き。父作。先代の鍋敷きは自分が物心ついたときには存在していて、今思えば30年くらい使っていたのかもしれない。これは2代目にあたる。日常の生活に当たり前にあるもの。

しなやかに曲がりテーブルや棚を傷つけることなく、軽くて丈夫で熱にも強い。使い続けることで色がくすみ、アルミの角も取れて手になじむ感じがまたいいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です