中村好文の家具デザイン1981-2012 in gallery yamahon

ギャラリーやまほん「中村好文の家具デザイン1981-2012」ポスター

ギャラリーやまほん外観

ギャラリーやまほん内観

ギャラリーやまほん

三重県伊賀市にあるギャラリーやまほんにて行われている

「中村好文の家具デザイン1981-2012」を見に行ってきました。

昨日と今日のみ好文さんがみえるのと、

今日のみ講演会も行われたため本日行くことに決めました。

講演会では、

生まれてからレミングハウス設立前までを中心に、

吉村順三本人との家具づくり助手としての話、

その後、イタリアへ渡った話などをお聞きすることができました。

住宅設計を中心に家具を行っているのではなく、

「住宅設計と家具の両輪」=中村好文であるということ。学生時代に決めた覚悟。

家具1つ1つ見たり、さわったり、座ったりさせていただく中で、

家具が時代と共にデザインテイストが少しずつ変わり、

シンプル+機能美+おもしろさ=魅力が増していることも実感した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です