栃木を巡る

朝から益子町を出発点として1日かけて栃木を巡る。

この日の益子町の放射能は0.092マイクロシーベルト。

切っても切り離せない放射能の問題。

益子参考館の一部は震災により半壊している

朝から益子町にある益子参考館で陶芸とはなんたるやを見学。

栃木県名産大谷石の蔵2棟が屋根から壁面にかけてザクッとひび割れていた。

震災の影響は多くの地域で被害を与えている。

その後、益子に新たなるムーブメント土祭(ヒジサイ)を生んだヒジノワに行ったところ、準備中で入ることができず断念。

またの機会。

大谷石が美しい外観を生むstarnetの入口

大谷石が美しい外観を生むstarnetの飲食入口

次に行きたかった益子陶芸にデザインを与えたstarnetへ。

外観は大谷石を一部に使用した落ち着いたもの。

つや消しで角のない白い壁の店内は雰囲気がある。

「ごはんプレート」ランチもやさしい味でした。

(特に大豆のポタージュは・・・)

山の森林と調和する馬頭広重美術館の外観

益子町を出て那珂川町へ。

建築家隈研吾が設計した馬頭広重美術館

表層に木をあしらった美術館は軽さと重さの両方を与えている。

歌川広重の作品も堪能。

さらに、隈研吾と伊藤豊雄のコラボレーションとなった宝積寺駅を見学。

最後に宇都宮市内に戻りお菓子と料理 伊澤商店で休息。

邪魔するものがない最高の景色。

丁寧につくられた建物とと家具や小物1つ1つまで味がある。

ホットコーヒーは注文すると店内に香りが広がり、

チーズケーキは丸く、皿は四角。(普通の逆?)

皿が冷やされていて長い時間ケーキが美味しく食べられる配慮がウレシイ。

行った時間がちょっと悪いのもあって、店内で1人。

そんな中でコンペ案を考える・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です