相馬

相馬市:東日本大震災の爪痕を車内から見る

相馬市:倒壊した家と退かない水が広がる

2012年3月8日。海岸線から1km~2km離れた国道6号線から見る相馬市。

息をのむ変わらない風景が続く。

沈下した土地は水が引いていない様子。

国道6号線は急ピッチの補修が今も続くものの、

普通に車で走ることができる状況にまで回復。

視線をずらすと津波でなぎ倒された看板などを目にするのも現状。

相馬市:焼却処分を待つ震災ガレキが山と積み上がる

相馬市:震災ガレキを乗せたトラックか数多く走る

相馬港付近はガレキは整理され、

集積場が集まる港にトラックが絶えず運ぶ。

煙を出しているのは動き始めた新地発電所。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です