美濃と関

RELEASE・ | CATEGORY・ ゴー

14年ぶりに岐阜県の美濃へ。隣接する家の間に「うだつ」という防火壁を設け、防火壁が財力の象徴とされたことから、慣用句である「うだつが上がらない」の語源となったと言われる町並み。

ひさしぶりの美濃の町並みはよかった。重要伝統的建造物群保存地区と選定されてから年数が経ったことで、変な新しさが弱まって違和感が薄くなっていた。同時に保存地区ながらも住んでいる人の数が多く、観光地ながら学生服屋さんやお肉屋さん、魚屋さん、電気屋さんなどもあり、子どもが道路で遊んだり、自転車で友だちの家へ行く雰囲気もいい。

リトルプレスであるmurmur magazineが出した店舗がエムエム・ブックスみのにも立ち寄った。優しい色で染められた暖簾を潜って扉を開けるとこだわりの品々が並ぶ。店内も必要なところだけ改修されていて、建物が持つ時間軸を活かし、とても居心地がよかったのが印象的だった。

それから2週間ぶりに関にある円空館へ。江戸時代の僧である円空は岐阜出身で、奈良から北海道まで12万体の仏像を彫って渡り歩いた人物。その仏像が今でも5000体ほど現存しているというから驚く。

円空が若い頃に彫った仏像は繊細で柔らかく線も細い。年齢を重ねるに連れて彫りが大胆で勢いや強さが増す。円空が彫った仏像は円空仏と呼ばれ、神社だけではなく、民家にも多く残っていることから、庶民と深く関わりながら仏像を彫っていたようだった。円空館の館長さんがとても丁寧な方で展示の説明までしてくださった。

ふと展示されている像を見ながら、自分の近くにもし円空仏があったら荒々しく強い像がいいなと直感で思ってしまった。気軽に置いておけるというと失礼だけれど、繊細な仏像は恐れ多いような気がして自分が落ち着かない。

家に置き換えてみても、そうなんだろうなと思う。優しく包まれるような家。自然のエネルギー溢れる土着的な家。人へいろいろなエネルギーの与え方がある。その場所に住む人にとってプラスのエネルギーを与えられる家だったらいい。

円空館は駐車場から離れていて、円空が住職を務めた弥勒寺跡などを通り抜けたところにある。そのコンセプトがよかった。また、少しだけ離れ、木々に覆われ苔むしたところに円空のお墓もある。歪で優しい形をしたお墓には今日お供えしたと思われる緑の葉が置かれていた。

ロングライフなデザイン

RELEASE・ | CATEGORY・ ゴー

ギャルリももぐさでD&DEPARTMENTを主宰しているナガオカケンメイさんの展示があることをツイッターで知った。会期はおよそ2週間。ゆっくり展示が見られる平日の午後。比較的暖かい時間に行くことにした。広い国道を車で走り、徐々に坂を登り始めると道が細くなり、見えてくるのがギャルリももぐさ。2年ぶりくらいに来たけれど、緑に囲まれたいい雰囲気は変わらない。

アプローチを歩いて風情のある障子の戸を開ける。日本的な落ち着いた空間にぼんやりと温かい優しい展示が多いけれど、今日はワイワイと賑やかな声が広がり、今までとは違った空気感に包まれていた。D&DEPARTMENTの商品がずらりと並び販売され、過去に発表された商品で今ではほとんど現物を見ることができないものも数多く展示されていた。それらの商品は今とは違い勢いがあって尖ってもいて、ナガオカケンメイさんの過去を垣間見たような気がした。

家を出る前に、ふとナガオカケンメイさんの本をどれくらい持っているのだろうと本棚を眺めてみると、古いd long life designやナガオカケンメイの考えから最近のd design travelまで40冊ほどあった。D&DEPARTMENTの店舗で購入したものから、今はほとんどが廃番になって売っていないものを古本で揃えたりもした。

D&DEPARTMENTと言えばロングライフデザイン。

ナガオカケンメイさんのこの考え方が好きだった。そう思うのは、家もロングライフデザインなものだからかもしれない。人の命よりも長い時間、生き続ける家も多い。いい家は長くその場所で生き続けてほしいとも思う。家はその場所に住む人だけではなく、知らない人の記憶にも残る。あの家を曲がったら目的地にたどり着けるよとか、あの家の前であんなことしたよねとか。そんな人の思いが集まって町ができていく。その場所ならではの個性があって、風土に合った形がある。その場所に住む人の考え方や住まい方が色濃く滲み出た家。

古い家が必ずしもいいとは思わない。その時々の流行を少しずつ取り入れながら、その時代に合った住まい方もいいなと思う。まわりに評価されず、市場にも価値がないと放り出された家であったとしても、住まい手自身が家に高い評価ができる。そんな思いがつまった家がたくさんできたらいいな。そんなことを思いながら帰路についた。

ローカルの中のよそ者

RELEASE・ | CATEGORY・ ゴー

最近身近なものに意識が向けられるようになってきたように思う、学生を卒業してからというもの、意識は住んでいる地域から外へ。いいなと思ったり、気になるものがあれば、100キロでも200キロでも300キロでも電車や車で出かけた。それがちょっと変わってきたのは、ここ数年。遠くのモノやコトはもちろん、近くの動きにも前以上に意識するようになった。

そんなことを思いながら清須市にある、はるひ美術館へ。昔お世話になっていた設計事務所へ向かうために1、2回近くを通ったことがあったけれど、こんなところに美術館があったなんて知らなかった。近くに川が流れていて、気持ちがいい風が抜ける。

ここは美術館だけではなく、図書館とステージのある芝生の広場が組み合わさって場を構成している。地元のおじいちゃんおばあちゃんが図書館で本を読み、子どもを中心に広場でダンスの練習をしたり、ボール遊びをしたり。美術館には外から来た人がフラリフラリと吸い寄せられていく。集まる人が多すぎず、少なすぎず・・・ほどよい人の数。こんな場所が近くにあったらいいな。

はるひ美術館はとても小さく、展示室も2つだけ。でもこのコンパクトさが心地いい。大きすぎると見て回るのに最後の方は気が抜けてしまったりするから。展示されていた安西水丸さんの作品も「漂う水平線」というサブタイトルのごとく、それをイメージした作品が集められている印象だった。さわやかでカラフルなイラストが夏の暑さと湿度を忘れさせてくれた。

松本のスピード

RELEASE・ | CATEGORY・ ゴー

5月の終わり頃に長野県にある松本へ。たぶん2年ぶりぐらい。

松本の駅前に広がるちょっと古くて魅力的な街。街が持つさらりとした空気感。新しい店ができ、いつもの店が開き、久しぶりに行った店の雰囲気が変わっていて、ひとつの店が暖簾を下ろす。町の動きが早すぎることなく、一つひとつの行いが、無理なく理解できる。息切れをするようなスピードではなく、立ち止まって深呼吸できるようなスピード。

社会からみると、そのスピードは遅すぎて衰退していると言われてしまうかもしれないけれど、街が移り変わっていくスピードが心地いい。

無駄に古いものを壊して新しいものを建てず、必要な所だけ直して街と調和させる。キヲクの変化に大きなズレをつくらない。街のカヲリを残していく。洗練させすぎてしまうと、失ってしまうものも多いから。

雄大な山々に囲まれた松本の街がもつ空気感に浸っていると、ゆりかごの中にいるようで、自分がダメ人間になってしまうような感覚さえ覚える。駅から離れて郊外に出てしまうと街は一変してしまうけれど、少なくとも街中はそう思う。

六九クラフトストリート「洗練と素朴」
mm(ミリメートル)
kuranimal(クラニマル)
栞日
amijok
田園ベーカリー
クラフトフェアまつもと
城山公園
etc…

本とルール

RELEASE・ | CATEGORY・ ブック

毎年何十冊と購入する本。好きな著者の方が出される本をピンポイントで購入することもあれば、本屋さんへ伺ったときに「あっ!この本読みたい」と思って、手にすることもある。それが新書を販売する本屋さんであっても古本屋さんであっても。

ひとつ決めているルールがあるとすれば「一度に何冊も購入しないこと」。できれば1冊、どうしても欲しければ2冊まで。

その時に読みたいと思った本は自分の中の鮮度を失わないうちに読みたい。1週間・・・2週間・・・1ヶ月・・・と過ぎていくうちに、その時に思った気持ちの高まりは落ち着いて、なかなか読もうと思うタイミングを失ってしまう。色鮮やかでエネルギーに満ちあふれた旬の食材を手元にありながら食べ逃してしまう感覚に近い。(自分の中ではそんなイメージ)

でも、本屋さんにはその時に読みたいと思う本が何冊も本棚に並んでいることも多い。本のジャケットや著者名で見た瞬間に「この本!」とピンと来る。それでも今一番読みたい本を手に取って、他の本は本棚へ返す。次回またどこかで出会った時にきっと買う。もし出会わなければ、それまで。

PAGE TOP ↑